無料ブログはココログ

人気blog情報

« 2017年2月 | トップページ

2017年5月30日 (火)

前川喜平は退職金8000万円を返せ

「ノブレス・オブリージュ」という言葉がある。これは地位の高い人には相応の責任・義務があるという事である。霞が関のキャリアは地位は高いが、考えているのは退職後の天下りで、それも「渡り」をすることしかない。

時の人、前川喜平もその一人だったが、天下りの事実を突き付けられ退官した。しかしその後懲戒処分となった。本来懲戒処分でやめさせられた場合、退職金は出ない。一度支払われた退職金は返還義務が無いようだ。

自由人となって顧み、今の安倍政権の欺瞞に正義の鉄鎚を下すべく暴露したのは一見立派に見える。しかし出会い系バーに入れ込んでいたことが公になって、その様な人物に果して正義が語れるのか疑問に思うのは筆者だけではあるまい。

加計学園に関して文部科学省に文書はあったことだろうが、それはあくまでメモであって、正式な文書ではないから、政府の答弁にも少しは理屈がある。大体民主党はこの問題をもって政党のアイデンテティを保とうとしているが、管直人元首相が原発事故での対応の拙さを隠ぺいすべく、会議議事録は無かった、と強弁したのを忘れたのか?

官僚が会議議事録を作成してなかった、と言うのは全くあり得ない。彼らは責任を負いたくないから、議事録は必ず作る。議事録は正式文書である。民主党は自らの過去はどうでも良いのだろうか?

表題に戻れば、正義感があるのなら、前川喜平は退職金8000万円を国庫に返せ。

« 2017年2月 | トップページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30