無料ブログはココログ

人気blog情報

« 国連は一旦解散し、支那・ロシアを除外した方がよい | トップページ | 朝貢外交をしたのは民主党だったのを忘れたか »

2016年9月10日 (土)

北朝鮮のミサイル、核実験は南シナ海を領海にする支那の戦略

北朝鮮が5日に中距離弾道ミサイル「ノドン」3発を発射し、更に9日には5回目の核実験を行った。ミサイル3発は時間をおかず発射され、ほぼ同じ日本の排他的経済水域に着弾した。又、核実験はTNT火薬10Ktonと推定され、更にミサイルの搭載可能な小型化に成功したようだ。

潜水艦からのミサイル実験に加え、これは明らかに核が実用化されたと言ってよい。短期間のうちにここまで核開発が進むとは、米国も予想してなかったに違いない。勿論太平楽な日本では、政府は相変わらず非難声明を出すだけで、マスコミなどは広島や長崎の市民にインタビューして放送する、という全く間が抜けている。

しかしここまで急速に技術躍進があったのは、北朝鮮独自のものとは到底思われない。間違いなく支那が技術供与と資金提供をしているのである。理由は極めて明白である。支那は国際社会・法律を無視した南シナ海での人工島を建設し、軍事拠点を進めている。流石に国際社会の批判が強まっている中、北朝鮮を暴走させれば、国際社会の目をそらせることが出来るのである。

更には、米国が北朝鮮への制裁を支那に「頼む」ことを待っているのである。支那が北朝鮮を従わせるのは実に簡単である。石油のパイプラインを止めれば瞬間的に北朝鮮は立ち行かなくなるのである。或いは食糧提供もそうである。

しかし支那に「借り」を造ってはならない。必ず見返りを求めるからだ。即ち、米国に対し、南シナ海から手を引くことを要求するだろう。そうなれば南シナ海全て支那の領海になるのである。

オバマ大統領はウクライナ問題、南シナ海で歴史に残る外交失態をしたが、これ以上の失敗は許されない。

« 国連は一旦解散し、支那・ロシアを除外した方がよい | トップページ | 朝貢外交をしたのは民主党だったのを忘れたか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/67428746

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル、核実験は南シナ海を領海にする支那の戦略:

« 国連は一旦解散し、支那・ロシアを除外した方がよい | トップページ | 朝貢外交をしたのは民主党だったのを忘れたか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30