無料ブログはココログ

人気blog情報

« 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル | トップページ | 元のSDRを阻止すべきである »

2016年7月30日 (土)

障害者施設殺戮の原因は日教組教育

7月26日午前2時半すぎ、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で元施設職員植松聖容疑者(26)により、入所者19名が刺殺され、26名が重傷を負わされた。極めて凄惨な事件である。植松聖容疑者の動機は何だったのか?

報道によれば植松聖容疑者は、障害者は生きて行く価値がなく、税金の無駄使いと思って犯行に及んだとされている。大麻や危険ハーブ等を使用していた、とも報道されており、精神異常であった疑いが持たれている。

これから再発防止策が議論されるが、例えば植松聖容疑者は本年2月に措置入院させられていたが、医師の判断で退院した。その判断はどうであったか、退院させるにしても、以後のケアが必要ではなかったか、などである。

確かにそうしたことも重要であろう。しかしもっと大事なのは、教育ではないだろうか?今の小中高学校では、個人主義しか教えていない。これでは自分の義務は置いておき、自己主張ばかりの大人になってしまう。日教組による確信的な日本破壊である。

子供に先ず教えるべきは、家族愛、郷土愛、そして民族愛であるべきだ。日本人の自分がこの世にあるのは、過去の日本人の祖先が脈々と紡いできたDNAのリレーなのである。日本人は貧しくとも皆で協力して、飢饉等数々の困難を乗り越えてきた。

そして豊かになって、障害を持って生まれてきた子供たちを、なんとかその生を全うさせるまでになってきた。障害を持った子の親は絶望的な中、ひたすら子を愛してきた。おそらく幾度となく挫けそうな自らの心を励まし、子と共に人生を生きてきているのである。

この様な慈悲ともいえる行為を今の子は教えられていない。例えばヘレンケラーは教えられていないのだ。日教組はSEALDsの連中は育てても、障害者に対する慈悲心を大事にする人を育てることは無い。そういえばSEALDsの連中は「総理を殺せ」と叫んでいた。

« 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル | トップページ | 元のSDRを阻止すべきである »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/66757205

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者施設殺戮の原因は日教組教育:

« 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル | トップページ | 元のSDRを阻止すべきである »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28