無料ブログはココログ

人気blog情報

« イスラム教指導者によるテロの非難声明が必要 | トップページ | 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル »

2016年7月23日 (土)

都民の良識が問われている

東京都知事選挙は選挙戦の中盤となったが、都民の関心はどうなのだろう?筆者は都民ではないので、マスコミとネットからしか推察できないが、どうも盛り上がりに欠けているようだ。原因は有力候補の3人が政治家として魅力がないことにあると思う。

政治家としての魅力とは志の高さである。志とは政治のプロとして中長期を見据えたメッセージである。例えば坂本龍馬のような、あるいはアーサーキングのような、民衆が思いもしなかった未来を語ることである。

流石にそこまでは無理としても、国民のために自己犠牲を厭わず、今の命題に挑戦していく気があるかどうかである。命題とは課題ではない。課題は役人が考えた施策、要するに予算が見込まれて、実施可能なことにすぎない。しかし命題とは言葉通り命がけの問題であり、役人の発想にはない政治家の考えることなのである。

この様な観点で有力とされる3人の候補者はどうか?与党からの一人は出たがりだけのおばさんであり、もう一人は霞が関の官僚から地方政治で財政赤字を増やし、その後総務大臣を経験したが、地方交付税を受けていない東京都から財源をとって地方にばらまいた。野党統一候補は街頭演説も、TV討論も出来ない病み上がりの老人(後期高齢者)である。

マスコミはこの3候補しか報道しない。つまり都民にはこの3人しか選択肢はないのである。政治に関心のある都民は、他の「泡沫」候補の街頭演説に足を止めて政策を聞いているだろう。あるいはネットの動画を見て、有力3候補以外にも、今東京に必要な候補者がいることを知る。

« イスラム教指導者によるテロの非難声明が必要 | トップページ | 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/66647655

この記事へのトラックバック一覧です: 都民の良識が問われている:

« イスラム教指導者によるテロの非難声明が必要 | トップページ | 都民の良識が問われている-2 供託金没収のハードル »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28