無料ブログはココログ

人気blog情報

« 慰安婦問題に関する国連女子差別撤廃委員会の見解に抗議する | トップページ | 自給率が40%しかない日本の食料確保を脅かす企業の農地保有 »

2016年3月 9日 (水)

国連女子差別撤廃委員会の知性を疑う

国連女子差別撤廃委員会は7日に発表した慰安婦問題と同時に、とんでもない見解を示すところであったことが判明した。
 
国連女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたことが8日、分かった。日本側は駐ジュネーブ代表部を通じて強く抗議し、削除を要請した結果、7日に発表された最終見解からは皇室典範に関する記述は消えていたという。
 
慰安婦問題についても、事実を確認せず流布されたデマゴーグをそのまま取り上げる、という不見識さを露呈したのだが、我国の皇室典範の変更を勧告するなどとは、これは内政干渉以上の、日本人に対する侮辱である。
 
125代続いている(女性天皇は8人10代)世界最古の伝統をあわや冒涜することになる今回の事態は、国連女子差別撤廃委員会の知性の欠片もないことを証明した。要するに支那の委員による報告書を審査もなく見解書に盛り込もうといしたのだが、支那の委員の狙いは自国の人道、人権にもとる行為(チベット、ウイグル民族への迫害、言論統制、民主化活動家の抹殺、共産党員の特権など数えきれない)を隠秘する政治戦術なのである。
 
それも見抜けない国連女子差別撤廃委員会はバカか、あるいは支那に買収されているか、の何れかである。
 
ちなみに、国連女子差別撤廃委員会が同じ女性の人権差別について、イスラム教指導者に女性もなるべき、と声明を出したらどうなるだろうか?おそらく短期間のうちに委員会委員の母国すべてで無差別テロが行われるであろう。そして委員にも。

« 慰安婦問題に関する国連女子差別撤廃委員会の見解に抗議する | トップページ | 自給率が40%しかない日本の食料確保を脅かす企業の農地保有 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/64357502

この記事へのトラックバック一覧です: 国連女子差別撤廃委員会の知性を疑う:

« 慰安婦問題に関する国連女子差別撤廃委員会の見解に抗議する | トップページ | 自給率が40%しかない日本の食料確保を脅かす企業の農地保有 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30