無料ブログはココログ

人気blog情報

« 平成14年の拉致被害者帰国の経緯、どちらを信じるか? | トップページ | 慰安婦問題は白黒つけるしかない »

2016年1月17日 (日)

日本は中華民国(台湾)を支援すべきだ

台湾総統選挙で民進党が大差で勝利し、今まで支那に合併吸収されるよう活動してきた国民党に、国民はNOを突き付けた。民進党の躍進は以前より地方選挙結果等から予想されており、そのため昨年末の馬総統が習近平と面会する等、国民に圧力をかけていたが惨敗したのだ。議会選挙でも民進党が過半数を制し、各委員会での委員長ポストも独占する状況になってある。

勝因は、国民が現政権の支那への急接近に危機感を覚えたとされている。12制度の香港の民主政治を権力で奪い取ろうとする支那の戦略は明らかだ。又、南沙諸島での人工島の建設は、南シナ海全てが支那の領土とする、国際法を全く無視した覇権主義(帝国主義)そのものである。

支那は戦略である中華民国の属国化を止めるわけにはいかず、早速外交圧力をかけてきた。経済封鎖を示唆する報道がなされている。これから海軍、空軍の威嚇行為も頻繁するであろう。

軍事的示威行為については主に米国に対応してもらうしかないが、経済的な支援については日本の役割が重要である。中華民国を守ることは南シナ海の安全保障に大きく影響する。日本が東南アジアに対して主導てき役割を果たすことが、支那の覇権主義を砕くことになることを認識すべきである。

« 平成14年の拉致被害者帰国の経緯、どちらを信じるか? | トップページ | 慰安婦問題は白黒つけるしかない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/63514534

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は中華民国(台湾)を支援すべきだ:

« 平成14年の拉致被害者帰国の経緯、どちらを信じるか? | トップページ | 慰安婦問題は白黒つけるしかない »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28