無料ブログはココログ

人気blog情報

« 慰安婦像は韓国の恥と世界中に理解させるがよい | トップページ | 北朝鮮核実験は独自に行われたのか? »

2015年12月29日 (火)

村山富一が評価する日韓合意を何故行ったのか?

年末の慌ただしい28日に岸田外務大臣が首相の命を受けて訪韓し、懸案だった慰安婦問題について一応の決着を行った。日韓の外相がスピーチしたのである。

内容は日本政府として責任があること、韓国が設立する基金の日本が10億円拠出することで、今後韓国政府はこの問題の告げ口外交はしないとのことだ。

この合意について、慰安婦を軍が強制連行したと問題化させた張本人の村山富一が評価した。朝日や毎日他地方新聞も評価しており、更に日本人はこの悪行を忘れてはならないとした記事が目立つ。

唖然とするばかりである。安部総理は何故こんな合意を行ったのだろう。唯一頷ける理由は米日韓の安全保障体制の立て直しを最優先させたのであろう。支那の脅威は迫っている。しかし今後韓国の日本大使館前の慰安婦像(これは国際条約違反だ)の撤去を韓国に履行させることと、民間レベルでの慰安婦問題の事実を世界に説明することは続けなければならない(米国に設置された像の撤去より重要だ)。

« 慰安婦像は韓国の恥と世界中に理解させるがよい | トップページ | 北朝鮮核実験は独自に行われたのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/63205014

この記事へのトラックバック一覧です: 村山富一が評価する日韓合意を何故行ったのか?:

« 慰安婦像は韓国の恥と世界中に理解させるがよい | トップページ | 北朝鮮核実験は独自に行われたのか? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30