無料ブログはココログ

人気blog情報

« ギリシャ問題は当然の帰結 | トップページ | 先ず東大法学部を廃部すべきだ »

2015年7月16日 (木)

新国立競技場の醜態

新国立競技場の工事費が当初の1300億円から2520億円に膨れ上がり、今までのオリンピック会場の建設費の4倍とあっては看過できないことになった。文部科学相はデザインコンペでの選考に問題があったと言い訳したのである。

 デザインコンペで最優秀に選ばれたのはイラクの建築家ザハ・ハディドで、彼女のあだ名はノービルドアーキテクトで、コンペに勝ってもいざ建設となると多くの工事費が問題となり、建設に至らないことが数多いのである。今回も当選案のままだと3000億円掛ると言う事で当初のダイナミックなデザインから、ただの亀みたいな蹲った形態となったが、それでも2520億円なのである。

 しかし審査委員長を務めた安藤忠雄は今日、審査委員会の総意で決まったこと、あくまでデザインを決めたのであって、工事費についての検討は基本設計してからで、審査委員会の役目ではない、と言い訳した。なお、コンペの条件には工事費は1300億円となっていた。

 では犯人は誰か?先ず国際コンペにしては応募期間が半年間と短かすぎておりJOCと当時の文部科学相の責任は逃れられない。次は安藤忠雄委員長である。デザインだけ選んだとの言い訳は、建築家としての職能を放棄している。何故なら委員会には構造設計の専門家がいて、委員長は当然その専門家を指揮してアバウトであろうが構造についての工事費は検討できたはずである。

その構造設計の専門家とは元日本建築学会会長、日本学術会議会員、和田章東工大名誉教授である。

« ギリシャ問題は当然の帰結 | トップページ | 先ず東大法学部を廃部すべきだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/60766278

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立競技場の醜態:

« ギリシャ問題は当然の帰結 | トップページ | 先ず東大法学部を廃部すべきだ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30