無料ブログはココログ

人気blog情報

« 表現の自由はどこまで許されるのか | トップページ | 「労働力不足と移民」曽野綾子 »

2015年1月23日 (金)

イスラム国人質事件より拉致被害者救出が大事

イスラム国に拘束され、日本に2億ドルの身代金を要求される事件が3日前に動画サイトに掲載された。日本人2名のうち一人はフリージャーナリストであり、もう一人は軍事顧問会社の経営者と言われている。フリージャーナリストの母親が外国人記者クラブで会見し、原爆だの原発だの地球環境破壊だのと言った挙句に政府に息子を返してほしいと要望した。面妖な話である。

 安倍首相による俯瞰的外交の一環として、シリアからの難民などへの人道支援として2億ドルの無償提供を表明したことがイスラム国への挑戦と受け止めたようだ。日本は今まで遠い第3国であったが、今回の支援は明確に西側に付いたと見なされたのだろう。

 火中の栗を拾うという諺があるが、しかし民主主義国家として平和を希求するのであれば日本は西側にいることは確かであり、旗幟を鮮明にするのは時間の問題であったのである。

日本は今原子力発電が停止して、それこそ石油頼みの経済となっており、中東の石油は日本の命綱である。距離的には遠いが、中東関係は日本の安全保障上重要な問題なのである。山本太郎は全く分かっていない。

インターネットで瞬時に世界中に情報が伝わってしまう現代では、裏取引が難しくなっているのであろう。人命尊重とテロには屈しないという二律背反の命題に対し、政府としては国内外の各種世論をおもんぱかっての対応をせざるを得ない。戦争状態のところに勝手に行った2人より、北朝鮮に拉致されている平穏に暮らしていた国民を助ける方がはるかに喫緊の課題と思える。

« 表現の自由はどこまで許されるのか | トップページ | 「労働力不足と移民」曽野綾子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/58679649

この記事へのトラックバック一覧です: イスラム国人質事件より拉致被害者救出が大事:

« 表現の自由はどこまで許されるのか | トップページ | 「労働力不足と移民」曽野綾子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30