無料ブログはココログ

人気blog情報

« 自分の生活が第一 小沢一郎 | トップページ | 表現の自由はどこまで許されるのか »

2014年12月30日 (火)

朝日の誤報は確信犯

 今年の重大事件の一つは朝日新聞の2つの誤報問題であることは、衆目の一致するところであろう。慰安婦強制連行と原発事故の職場逃避である。2つの誤報は「吉田」という姓の不思議な共通がある。

 84日に朝日新聞は慰安婦強制連行について記事を取り消したが、謝罪は無く、慰安婦という人権問題に議論をすり替えた。全く反省なしである。この問題は国際問題化し、日本人の名誉を傷つけ、国益を損なっている。企業の犯罪でいえば、例えて申し訳ないが食品会社の毒入り製品で多数の死亡が出たくらいに相当するであろう。原発事故の職場逃避の件も同様である。

 しかるに朝日に全くの反省が無いのは、要するに確信犯なのである。誤報で無く捏造なのだ。嘘をついても日本を貶めるためなら罪は問われないと思っているのである。ちゃいなと呆韓国と同じなのは、見事に朝日がこの2国に乗っ取られている証座なのである。

 反省しない者には公権力による処罰を与えるしかない。今やインターネットによるサイバー攻撃などの情報戦争はテロと言われている。朝日の行為はちゃいなと呆韓国による情報戦争に加担する国家反逆罪と考える。

« 自分の生活が第一 小沢一郎 | トップページ | 表現の自由はどこまで許されるのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/58424812

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の誤報は確信犯:

« 自分の生活が第一 小沢一郎 | トップページ | 表現の自由はどこまで許されるのか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30