無料ブログはココログ

人気blog情報

« 指導者 | トップページ | 議事録 »

2011年8月16日 (火)

靖国参拝

昨日の終戦の日は、心ある人は毎年靖国神社に参拝する。政治家も石原慎太郎をはじめ、国家のために様々な事情の総てを犠牲に散って行った人々に畏敬を込めて鎮魂するのは、日本人なら当然なのである。今の民主党政権は、ちゃいな、朝鮮に迎合・信奉している狂信集団だから、石原慎太郎は、あいつらは日本人じぁない、と非難した。私はときどき所用で靖国神社近くに行き、その都度お参りしているので、酷暑の終戦の日の参拝は勘弁願っている。

昨夜、娘と「硫黄島からの手紙」のテレビを見た。これはクリント・イーストウッド監督によるもので、「父親からの星条旗」と2部構成の大作である。クリント・イーストウッドは日本のファンも多い、映画俳優であり、又、今ではハリウッドの歴史に名を連ねる監督である。彼が太平洋戦争について、正確に理解していることが良く分かった。以前、住んでいる町の池が埋め立てられる計画を知り、市長に立候補しやめさせた事があったが、政治・歴史にも造詣がある。

日本人はその歴史の中で初めての全面敗北、太平洋戦争は日本の無条件(国体護持など正確には違うらしいが)降伏に終わり、廃墟の国となった。なにしろ東京大空襲では、一般国民、老弱男女、子供たちが、無差別爆撃で十万人が一夜で亡くなり、広島・長崎では人類が生んだ悪魔、原爆が投下された。

私は戦後生まれだから、終戦時からの数年の本当の苦しい時代のことは知らないが、本やテレビ、両親などから聞いて想像は出来る。しかし、日本は再生した。再生には自国の防衛はアメリカに任せ、為替相場など外的要因はあるだろう。しかし、もともと里山の恵みだけで生きてきた日本人の質実な人生観があったとみるべきだろう。東日本大震災も日本人の原点に帰れば必ずや復興はできるであろう。問題は、その為のリーダーを誰にするかである。

« 指導者 | トップページ | 議事録 »

コメント

無事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/41227143

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝:

« 指導者 | トップページ | 議事録 »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28