無料ブログはココログ

人気blog情報

« 永住外国人地方参政権は亡国の道 | トップページ | 日本の良識 »

2010年2月 6日 (土)

日本の政治は壊れつつある

日本の政治は壊れつつある、と思う。国政選挙での投票率の低さが証左であり、昨年の民主政権交代は、自民党の自滅が原因で、国民は民主党にかすかな期待を抱いたに過ぎない。

要するに、国民は政治・政治家を信頼していないのである。それでも一向に景気回復とならない現状を、もしかしたら、民主党は何かやってくれるかもしれないと思っただけなのである。

その結果は、経済回復は進まず、新卒の就職内定率は70%と、最悪の数字となっている。民主党に政治能力があったわけではなかった。自民党にしてもそうであるが、景気回復は、そう簡単には誰がやっても無理なのである。

しからばどうすれば良いのか、それは国民が信頼する政治家が、明確な方針を打ち出し、効果が出るまで、国民全体で頑張ろう、と言うことしかないと思う。母親から12億円の贈与を受けていたのを知らないと言う者、政治交付金で不動産を買い、また、秘書が3人起訴されても自分には関係が無いという者、この二人が今の日本の政治のトップなのである。

国民の誰が、この二人の言うことを信じるのだろう。繰り返すが、誰がやってもそう簡単に景気回復は出来ない。信頼をおける政治家、勿論ヒットラーは困るが、日本は今求めている。平沼赳夫は信頼が置けると思えるのだが、他に見当たらない。

« 永住外国人地方参政権は亡国の道 | トップページ | 日本の良識 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/33270407

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政治は壊れつつある:

« 永住外国人地方参政権は亡国の道 | トップページ | 日本の良識 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30