無料ブログはココログ

人気blog情報

« 人は見た目が9割 | トップページ | 友愛外交は太陽政策と同じ »

2009年10月 3日 (土)

東京五輪招致

2016年の五輪開催地はブラジルのリオネジャネイロに決定した。石原知事のそれこそ最大の政治目標は果たせなかった。東京の当選は危ぶまれていただけに、その通りの結果となったとはいえ、残念なことである。

リオネジャネイロに決まったのは、勿論南米初、新興国での開催という国際世論の支持を得たもである。対して東京は先進国で2回目であり、不利なのは分かっていた。環境問題をテーマにしたのも、IOCと国連は違う、という考えもあったのだろう。

しかし、最も大きい敗因は、国民、都民の支持率が低かったせいではないだろうか。オリンピックはお祭りである。その国自身の支持が低いのは致命的である。

何故支持率が低かったのか、おそらく今の日本に漂う不安や閉塞感なのであろう。国民が将来に希望が持てないのは、政治の責任である。そのような中、石原知事が主唱したオリンピック招致は、政治家として立派であった。

今回の敗因一切を、政治家全てで負わなければならない。

« 人は見た目が9割 | トップページ | 友愛外交は太陽政策と同じ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/31622099

この記事へのトラックバック一覧です: 東京五輪招致:

» オリンピック招致落選・・・続き [日本人の志]
スポーツに政治が絡むとこういうことになる… という見本だろうか? 石原都知事の熱 [続きを読む]

« 人は見た目が9割 | トップページ | 友愛外交は太陽政策と同じ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30