無料ブログはココログ

人気blog情報

« 相手はシナ | トップページ | 臓器移植法 »

2009年6月14日 (日)

郵政問題の意味するもの

日本郵政の西川善文社長の人事は政治問題となり,鳩山総務大臣が辞任することで幕引きとなった.そこに至るまでに,所謂政治決着は全く機能せず、麻生総理の権限の無さが露呈した.

盟友の鳩山前総務大臣を実質上更迭したのは,石原知事に言わせれば,泣いて馬謖を切るということであった.まあ,大臣を首になったとはいえ,国会議員を辞職したわけではなく,月給が少し下がっただけなのだが.

しかし,傍目からは鳩山の言い分には説得力があると思う.簡保施設の売却はどうみても不自然だからである.西川社長がこの件につき,どの程度関与してたかはともかく,少なくとも在職中の問題であり,国民から預かった金がほとんど消え失せたこの責任は免れない.

このような決着となったのは,おそらく簡保の件は政治家が絡んでいるのだろう.そして郵政の役人がこのことで政権に脅しを掛けたのではないだろうか?政官財の癒着という,相変わらずの自民党政治が続いているのだろう.

しかしながら,今の民主党には政権を任すわけにはいかない.小沢一郎が未だ選挙の責任者,つまり金と公認を握っている政党に正義はない.

政治家は清濁合わせ飲む,と言う言葉があるが,それは民主主義がまだ成熟していない国の話であり,もうインターネットが普及した日本では,透明性が出来るし,そうしなければならない時代なのである.そうゆう政治家よ出てこい.

« 相手はシナ | トップページ | 臓器移植法 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/30100918

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政問題の意味するもの:

« 相手はシナ | トップページ | 臓器移植法 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30