無料ブログはココログ

人気blog情報

« 人生には勇気と、想像力と少しのお金 | トップページ | せめてもと液晶テレビとHDDレコーダーを買いました »

2009年2月 7日 (土)

これは教育界にとって大変なことです

水戸市内の小学校の男性教諭(55)が、給食のお代わりをした母子家庭の男子児童に対し、「朝ごはんを食べられなかったのか」と声をかけるなどして担任を外された.このことを知った母親が学校に抗議し,校長以下が謝罪した.

これはあってはならない事の一つである.差別とか弱いものいじめを,小学校の教員が行ったのである.本来,このようなことはしてはならないと教えるべき小学校の教員がである.

現代において学校の教員が聖職とは思わない.中には酔っ払ってセクハラする輩もあるだろう.最近ではモンスターペアレンツなど教員のストレスは多いと思うが,セクハラなどの原因なのかもしれない.

しかし今回の事件は絶対に許せない,次元の違うものである.大げさにいえば日本という国の文化が問われる事件である.日本の教育理念(があるかは知らないが)を揺るがすはずである.この教員に教師たる資格はない.懲戒とまでいかなくても免職処分しかないだろう.

« 人生には勇気と、想像力と少しのお金 | トップページ | せめてもと液晶テレビとHDDレコーダーを買いました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/27856987

この記事へのトラックバック一覧です: これは教育界にとって大変なことです:

« 人生には勇気と、想像力と少しのお金 | トップページ | せめてもと液晶テレビとHDDレコーダーを買いました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30