無料ブログはココログ

人気blog情報

« 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ | トップページ | 食糧危機は現実 »

2008年6月28日 (土)

北朝鮮に1兆円くらいやってもいいが

なにも急に北朝鮮側を擁護するわけではない.1兆円くらい隣国に餓死寸前の人や,そうでなくとも先進国のような自由が無く,GDPが日本の1/20の人々に対して,援助するのが先進国第2位の座を一応保持している日本としては,人類愛としての責務だと思う.第一次湾岸戦争で2兆円使って日本は何を得たかを考えれば分かることだ.

しかし,これには大前提(前提と言うのは,援助の前にやっておくべきことてある.この事がどうも福田首相は全く分かっていない.山崎拓は分かろうとしない)がある.先ず,現実の犯罪である拉致問題の解決.次に核兵器開発の完全放棄と金正日の失脚である.後の二つについては,完全に履行してからの援助というのは,相手国からすれば不安だろうから,段階的に行うのが自然と言える.だから,これらについては,今回の米国のテロ支援国家の指定解除の手続きはそうかと思う.

しかし,拉致被害者については,今現在の犯罪なのであり,これは北朝鮮の外交カードとしては国際的に許されるものではないはずである.他国の国民を拉致し,金を出さなければ帰さない,というのはテロそのものである.従って,拉致問題はすぐ履行しなければ日本は一切の妥協をすべきではない.そのことを今の政府は全く分かっていない.

今回のような国家主権・国益にかかわる外交交渉について,福田首相のような判断力も胆力も歴史観も信念も人情もない人が日本のトップとは,日本にとって本当に不幸なことである.もう一度,山崎拓はよど号犯と交代で北朝鮮に帰化しろ.

« 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ | トップページ | 食糧危機は現実 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/21940845

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に1兆円くらいやってもいいが:

« 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ | トップページ | 食糧危機は現実 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30