無料ブログはココログ

人気blog情報

« パンダはおまけのはずなのだが | トップページ | 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ »

2008年6月14日 (土)

霞ヶ関は残業でなく早出すべし

国土交通省は深夜残業の際に使用していたタクシーチケットの配布を,試験的に2ヶ月間やめて,各自精算することにしたそうである.勿論,タクシー利用者が,金券やお米を受け取っていた事実が報道されたためである.

この贈答については国民に対する背信行為であるのは明らかで,本来,懲罰の対象にすべきものである.タクシーチケットは,利用額を客が記入して使用するもので,それをタクシーの運転手任せにし,運転手は数割の上乗せした金額を記入する.そして,そのうちの何割かをバックマージンするという,実に簡単明瞭な賄賂なのである.

しかし,日本という偉くなるほど倫理観の欠如した国では,今回の賄賂についてはうやむやにするのである.小学校の用務員がトイレットペーパーを持ち帰った事に対して,懲戒免職にするのに,である.ノブレスオブリージュという言葉は知っていても,自分には関係無いというのが,霞ヶ関なのである.

だいたい,霞ヶ関の始業開始は何故9時半なのか?深夜まで残業するなら,朝7時に出勤して早く帰ったらどうなのだ.これなら,200歩譲って認めても良い.試験的にチケットはやめました,などと言う姑息というか,国民を愚弄する処置で,この問題の解決をしようとする霞ヶ関には全く信頼が置けない.昨日の対北朝鮮の経済制裁の一部解除など,全く信用出来ない.

これを信無くば立たず,と言う.しかし,この「信無くば立たず」は小泉純一郎が好きだった言葉だそうだが,本人が出来ないから,理想の言葉なんだろう.

« パンダはおまけのはずなのだが | トップページ | 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/21618658

この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ関は残業でなく早出すべし:

» 対北制裁「一部解除」一考 [博士の独り言]
対北制裁「一部解除」に思う 【主張】日朝協議 この内容で制裁解除か 再調査は期限設け成果迫れ  日朝実務者協議で、北朝鮮側が拉致... [続きを読む]

« パンダはおまけのはずなのだが | トップページ | 山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30