無料ブログはココログ

人気blog情報

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

北朝鮮に1兆円くらいやってもいいが

なにも急に北朝鮮側を擁護するわけではない.1兆円くらい隣国に餓死寸前の人や,そうでなくとも先進国のような自由が無く,GDPが日本の1/20の人々に対して,援助するのが先進国第2位の座を一応保持している日本としては,人類愛としての責務だと思う.第一次湾岸戦争で2兆円使って日本は何を得たかを考えれば分かることだ.

しかし,これには大前提(前提と言うのは,援助の前にやっておくべきことてある.この事がどうも福田首相は全く分かっていない.山崎拓は分かろうとしない)がある.先ず,現実の犯罪である拉致問題の解決.次に核兵器開発の完全放棄と金正日の失脚である.後の二つについては,完全に履行してからの援助というのは,相手国からすれば不安だろうから,段階的に行うのが自然と言える.だから,これらについては,今回の米国のテロ支援国家の指定解除の手続きはそうかと思う.

しかし,拉致被害者については,今現在の犯罪なのであり,これは北朝鮮の外交カードとしては国際的に許されるものではないはずである.他国の国民を拉致し,金を出さなければ帰さない,というのはテロそのものである.従って,拉致問題はすぐ履行しなければ日本は一切の妥協をすべきではない.そのことを今の政府は全く分かっていない.

今回のような国家主権・国益にかかわる外交交渉について,福田首相のような判断力も胆力も歴史観も信念も人情もない人が日本のトップとは,日本にとって本当に不幸なことである.もう一度,山崎拓はよど号犯と交代で北朝鮮に帰化しろ.

2008年6月21日 (土)

山崎拓は赤軍派と交代で北朝鮮へ

山崎拓の北朝鮮の拉致問題を無視した発言は全く理解が出来ない.現在,拉致を行っている北朝鮮は,どんな言い訳をもってしても日本は認めるわけにはいかない.日本の主権であるからてある.

国民を守れない国家は,民主国家では無い.自分しか考えない独裁者国家か,自分の政党及び親類しか考えない共産主義国家なのである.勿論,前者は北朝鮮であるし,後者はシナである.

山崎拓は仮に北朝鮮が完全に核放棄したら,ノーベル平和賞でももらえると思っているのだろうか?自分の頭の上の蝿も追えない者の泡沫の夢なのだろう.

いや,もっと現実として,もし北朝鮮と国交樹立となって,ODAだか日本が無償提供する膨大な金のリベートでももらう為の算段か?

2008年6月14日 (土)

霞ヶ関は残業でなく早出すべし

国土交通省は深夜残業の際に使用していたタクシーチケットの配布を,試験的に2ヶ月間やめて,各自精算することにしたそうである.勿論,タクシー利用者が,金券やお米を受け取っていた事実が報道されたためである.

この贈答については国民に対する背信行為であるのは明らかで,本来,懲罰の対象にすべきものである.タクシーチケットは,利用額を客が記入して使用するもので,それをタクシーの運転手任せにし,運転手は数割の上乗せした金額を記入する.そして,そのうちの何割かをバックマージンするという,実に簡単明瞭な賄賂なのである.

しかし,日本という偉くなるほど倫理観の欠如した国では,今回の賄賂についてはうやむやにするのである.小学校の用務員がトイレットペーパーを持ち帰った事に対して,懲戒免職にするのに,である.ノブレスオブリージュという言葉は知っていても,自分には関係無いというのが,霞ヶ関なのである.

だいたい,霞ヶ関の始業開始は何故9時半なのか?深夜まで残業するなら,朝7時に出勤して早く帰ったらどうなのだ.これなら,200歩譲って認めても良い.試験的にチケットはやめました,などと言う姑息というか,国民を愚弄する処置で,この問題の解決をしようとする霞ヶ関には全く信頼が置けない.昨日の対北朝鮮の経済制裁の一部解除など,全く信用出来ない.

これを信無くば立たず,と言う.しかし,この「信無くば立たず」は小泉純一郎が好きだった言葉だそうだが,本人が出来ないから,理想の言葉なんだろう.

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28