無料ブログはココログ

人気blog情報

« NHKが日本の国益の観点で放送するのは当たり前 | トップページ | パンダはおまけのはずなのだが »

2008年5月 3日 (土)

北京大会に行くなら辞職してから

胡錦濤がとうとう来日する事になってしまった.これで東シナ海のガス田開発や毒入りギョーザ,チベット問題など全て胡錦濤の言いなりになって,はては北京オリンピック開会式に出席することを約束させられるのだろう.出席については検討しているとの報道があったから,もう決定事項のようだ.

一体,福田首相は何故シナに対して弱腰なのだろう.答えはひとつしかない.それはシナに弱みを握られているのである.今までの自民党のシナに対してのODAのバックマージンの事実があるだろう.少なくとも田中角栄や福田赳夫はバックマージンによって政権を得たのではないか?

それにしても,今の政治はどうなっているのか?自民党は自棄になっているとしか思えず,民主党は国益についてなにも分かっていない.こんな政党しか日本には無いのかと,ほとほと嫌気がさしてしまう.

何度も書いているように,政界再編しかないのだろう.平沼赳夫は有力なリーダーと成り得ると思うのだが,健康が懸念される.石原慎太郎はもう年だし,民主党の前原あたりに名乗りを上げてもらいたい.平沼と前原のコンビが最高なのだか,どうか?

« NHKが日本の国益の観点で放送するのは当たり前 | トップページ | パンダはおまけのはずなのだが »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/20738745

この記事へのトラックバック一覧です: 北京大会に行くなら辞職してから:

« NHKが日本の国益の観点で放送するのは当たり前 | トップページ | パンダはおまけのはずなのだが »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30