無料ブログはココログ

人気blog情報

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月10日 (土)

パンダはおまけのはずなのだが

胡錦濤の来日の成果はどうやらパンダ2匹の貸与のみになった.貸与であるから,その金額は年間1億円だそうである.この金額には,ミヤンマーが今未曾有の災害にあって,その為の救援物資が最初,2800万円だったことから,とんでもない事であると思ったものだ.

パンダに毎年1億円シナにやるのなら10億円くらいすぐにミヤンマーに送るべきだと思ったのである.ミヤンマーへの支援はその後追加となって,今現在11億円になるようだ.流石に政府も考えたのだろうね.

胡錦濤の来日目的は,シナにとっては唯一,日本がシナの政策を支持していることを世界に発信する事にある.シナがオリンピック開催の条件として,人権問題を改善することが公約となっていたのだが,今回のチベット問題がその約束が果たされていないことの証明であった.そして,世界中で聖火ランナーへの抗議が惹起されたのである.だから,シナは世界有数の経済大国である日本の支持を取り付けたかったのだろう.そして,政権の末期症状の福田はこのシナの思惑にまんまと乗せられ,言いように提灯担ぎをさせられたのである.

しかし,この事は少なくとも政治に関心のある人には分かっており,いろいろなマスコミにおいて批判が繰り広げられている.先週書いたように,胡錦濤が帰る際に福田が北京オリンピックの開会式に参加する,と表明するなら総辞職して前首相の肩書きで行くことだ.たぶんそれだと,シナは喜ばないだろうが?

あるいは,パンダの貸与の交換として,福田自身がシナに移住したらどうか.一人では寂しいのなら,森とか河野やらも付けてよい.

2008年5月 3日 (土)

北京大会に行くなら辞職してから

胡錦濤がとうとう来日する事になってしまった.これで東シナ海のガス田開発や毒入りギョーザ,チベット問題など全て胡錦濤の言いなりになって,はては北京オリンピック開会式に出席することを約束させられるのだろう.出席については検討しているとの報道があったから,もう決定事項のようだ.

一体,福田首相は何故シナに対して弱腰なのだろう.答えはひとつしかない.それはシナに弱みを握られているのである.今までの自民党のシナに対してのODAのバックマージンの事実があるだろう.少なくとも田中角栄や福田赳夫はバックマージンによって政権を得たのではないか?

それにしても,今の政治はどうなっているのか?自民党は自棄になっているとしか思えず,民主党は国益についてなにも分かっていない.こんな政党しか日本には無いのかと,ほとほと嫌気がさしてしまう.

何度も書いているように,政界再編しかないのだろう.平沼赳夫は有力なリーダーと成り得ると思うのだが,健康が懸念される.石原慎太郎はもう年だし,民主党の前原あたりに名乗りを上げてもらいたい.平沼と前原のコンビが最高なのだか,どうか?

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30