無料ブログはココログ

人気blog情報

« イージス艦「あたご」と清徳丸の事故について | トップページ | やはり北京オリンピックは駄目だ »

2008年3月 1日 (土)

オランダの喫煙者への年金支払額割り増しはダッチカウント

産経新聞に,オランダからの報道によると、同国で老齢年金を運営する民間基金が29日、「平均余命が短い」ことを理由に喫煙者への年金支払額を割り増しする方針を発表した。愛煙家団体は「喫煙者の権利擁護へ向けた一歩」と歓迎している,との記事が掲載されている.

オランダは福祉国家であり,今では一人当たりのGDPも日本を抜き,小国とはいえ立派な国と思っていた.明治時代にも,西洋に追いつけとの国策で,オランダも日本の目標としていたことがあり,福祉や環境配慮など今でも日本の目標となる国なのである.

しかしながら,今回のこの記事には困惑させられる.私は禁煙論者であり,喫煙は回りの人への暴力だと考えているから,このオランダの民間基金の禁煙を奨励するような施策には憤りを感じるものだ.

ただし,あくまで民間基金であり国策ではないのだから、「平均余命が短い」から総支給額を公平にするとの考えも資本主義には合致しているのかもしれない.公平に分配する,というのはオランダ人の知恵なのだろう.ダッチカウント(割り勘)ということか?

« イージス艦「あたご」と清徳丸の事故について | トップページ | やはり北京オリンピックは駄目だ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/10853114

この記事へのトラックバック一覧です: オランダの喫煙者への年金支払額割り増しはダッチカウント:

« イージス艦「あたご」と清徳丸の事故について | トップページ | やはり北京オリンピックは駄目だ »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28