無料ブログはココログ

人気blog情報

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

自民は無能,民主は無責任,役人は自己中

一体全体この国の政治はどうなっているのだろう.何ヶ月か前に現職の国務大臣が,日本の政治は三流と言ってたが,その通りで,ところで自分はどうなんだと思ったっけが,このところの政治は真に自民は無能,民主は無責任,役人は自己中である.

政治を揶揄するお笑い番組が先夜放送されていたが,新聞なども今の政治を批判しているが,これらマスコミの報道は国民の怒りのガス抜きとしか思えてにならない.いくら識者による政治批判がされようと,国民の怒りは収まらない.ではどうすれば国民の怒りは収まるのか,それは結局選挙しかないのである.

しかしここで問題なのは,民主党に,特に小沢某に政権担当能力があるのかしらん,と言うことである.民主党は,防衛に関して全く信頼が置けない.外交に関しても然り.この二つは国の運命を左右する.

やっぱり政界再編しかないのである.この際国民の前に,防衛,外交,教育,税制,福祉について国会議員全員に所信を明らかにしてもらうことだ.勿論自分で考えてもらわなければならないが,まさか国会議員が所信がないはずは無く,そうすれば自ずと新たな政党の誕生となると思うのだが,どうか?

2008年3月22日 (土)

やはり北京オリンピックは駄目だ

支那(これからは中国と呼ばず支那と言おう)はどうしょうもないね.今回のチベット問題は今日に始まったわれではなく,40年以上前のチベット独立運動からのもので,現在のチベット自治区でのチベット人に対する人権蹂躙は,今の国際世論に真っ向反対するものである.

支那には民主主義はなく,表現の自由,報道の自由など共産党独裁政権を揺るがすことは禁止されているのは周知の事実である.今回のチベット問題も海外の報道機関の立ち入りを禁止し,実際にどのような残虐行為が行われているかは闇の中である.

天安門事件での死者数は二千万人とも言われているが,支那には人命の尊さの感覚が欠如しており,今回何人のチベット人が殺戮されたのだろう?想像するだに恐ろしい.

国際世論は今回の支那の人権蹂躙に対し北京五輪をボイコットする動きが出てきている.日本もこの事に関し支那に対して遠慮なく非難すべきだ.内政問題だからと躊躇することはない.支那は日本の教科書に文句を言う国である.

人類平和に関する重大な事件になにも発言しないのは一流国家ではない.まさか,胡錦濤来日で日本政府が支那を支持する声明を発表する,なんてことはないだろうね?

2008年3月 1日 (土)

オランダの喫煙者への年金支払額割り増しはダッチカウント

産経新聞に,オランダからの報道によると、同国で老齢年金を運営する民間基金が29日、「平均余命が短い」ことを理由に喫煙者への年金支払額を割り増しする方針を発表した。愛煙家団体は「喫煙者の権利擁護へ向けた一歩」と歓迎している,との記事が掲載されている.

オランダは福祉国家であり,今では一人当たりのGDPも日本を抜き,小国とはいえ立派な国と思っていた.明治時代にも,西洋に追いつけとの国策で,オランダも日本の目標としていたことがあり,福祉や環境配慮など今でも日本の目標となる国なのである.

しかしながら,今回のこの記事には困惑させられる.私は禁煙論者であり,喫煙は回りの人への暴力だと考えているから,このオランダの民間基金の禁煙を奨励するような施策には憤りを感じるものだ.

ただし,あくまで民間基金であり国策ではないのだから、「平均余命が短い」から総支給額を公平にするとの考えも資本主義には合致しているのかもしれない.公平に分配する,というのはオランダ人の知恵なのだろう.ダッチカウント(割り勘)ということか?

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30