無料ブログはココログ

人気blog情報

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

鳩山邦夫法務大臣を支持する

鳩山邦夫法務大臣が死刑執行について,死刑が確定してから6ヶ月以内に死刑を執行することとなっている刑法の規定に対し,現状は,法務大臣の署名捺印がなければ執行できないことから,歴代の大臣は自分の任期中に執行をせず,次の大臣に引き継いでいる現状はおかしい,と発言した.この事が今,野党や自民党の一部から批判がでており,野党は罷免要求するという.

批判の根拠は,冤罪であった場合の再審請求が出来なくなる,期日が来たら自動的に執行するというのは,人命に対し軽挙であり,法務大臣がその職責において厳粛に決定すべきである,というのが主な2つである.死刑廃止論者も批判しているが,これは問題が別である.

この批判はおかしい.先ず,冤罪については日本は三審制であり,それで無くても結審にはすごく時間が掛かっており,オウムがその例である.冤罪であれば,それを証明する時間と機会は十分にあるのである.冤罪を問題にしたら,行き着くところ死刑制度の否定なのである.日本は死刑制度があるのだ

次に法務大臣が厳粛に執り行うべきてある,というのはこれはそのようにも思えるが,しかし厳粛に行うべきは裁判所の判決であり,法務大臣は死刑囚一人一人の裁判について膨大な裁判資料について詳しくはないであろうし,それを精読する時間も無い.法務大臣が死刑判決に対して拒否権を持つのは三権分立に反する.つまり,法務大臣は主務大臣として事務手続上署名捺印するに過ぎないのである.

現在日本の死刑は絞首刑であり,13階段上った死刑囚に首縄がかけられ,6人の刑務官がロープを引くと,死刑囚の足元の床が開く仕掛けとなっている.6人の刑務官の内,誰のロープであったかは分からないそうである.法務大臣にしても同じようにしてもらいたいのは,命の大切さを知る人間だからである.

2007年9月22日 (土)

政界再編へ,福田康夫最後の自民党総裁

自民党総裁選挙も明日となったが,福田康夫で決まりのようだ.地方票については事前(本日)公表を自民党執行部が各支部へ禁止命令を出しており,6年前の小泉劇場は開幕しない.

福田康夫とはどういう人物なのか?父親は福田赳夫元総理で,当時の総理総裁は,韓国や中国への戦争補償のODAのバックマージンを取り,それを子分衆にばら撒いて派閥が成立していた.そのことは福田康夫は秘書だったから良く知っている.

従って,福田康夫は韓国や中国に対して弱みを握られており,これからの外交姿勢は当然,弱腰となろうし,自虐的歴史思想を続けるだろう.こんなことでは,拉致問題など北朝鮮の言いなりに終わってしまう.

次の衆議院総選挙は来年初めには行われるのだろう.そして自民党は少なくとも自民公明で2/3の議席は確保できなくなる.そうなると参議院で過半数の民主党などと全くの対等な政治力となる.政治はますます混迷し,世界の笑いものになる.

そしてようやく日本に,本当の2大政党となるべく,保守系政党とリベラル政党に政界が再編されるのだろう.福田康夫は自民党の最後の総裁ということになる.

2007年9月15日 (土)

麻生太郎を応援しようじゃないか

安部総理大臣の突然の辞職に伴い,自民党の総裁選挙が始まった.候補者は元官房長官の福田康夫(71)と幹事長の麻生太郎(65)である.総裁選挙は始まったばかりであるが,すでに自民党の各派閥はほとんどが福田康夫の支持を表明しており,事実上福田総裁の誕生の様である.

安部総理の辞職は誰もが驚いたと思うが,やはり参議院選挙の大敗の段階で辞任すべきであったのだ.そうすれば,まだ若いのだし再起もあったろう.相次ぐ閣僚の辞任など,安部政権は最初からあまりに脆弱なものであった.その結果,あまりにあっけなく脆性破壊したということなのだろう.

さて,次の総裁つまり総理大臣に福田康夫と麻生太郎のどちらが相応しいか,これは日本の国益に大きく影響する大事なのである.旧来の自民党が行ってきた,派閥の領袖によるたらい回しの人事で良いわけは無い.あるいは,特に本命が無いから密談で決定するなど最悪である.

総理大臣はなりたい人がなるべきか,なってもらいたい人がなるべきか,どちらであろう?一見,これはなってもらいたい人がなるのは当然に思えるが,はたしてそうだろうか?今の混沌とした,先の見えない国際情勢の中で,日本に求められるのは強力なリーダーシップを持つ人でなければならない.福田康夫は多数の推薦を得たことは事実だが,強力なリーダーシップを持っているとは,私には思えない.

一方,麻生太郎は中国・韓国・北朝鮮に対し,福田康夫のあまりな弱腰な態度とは対極にある人物ではないだろうか?靖国問題にしろ,憲法改正にしろ,テロ特別法,拉致問題は福田康夫ではこの3国の言いなりになってしまうのではないか?

国会議員では福田康夫支持が大勢と伝えられているが,地方代表の支持が一方的に麻生太郎になれば,小泉の時と同じ大逆転もあるのだ.麻生太郎を応援しようじゃありませんか.

2007年9月 1日 (土)

松嶋賢前局長の共済年金記録を抹消せよ

厚生労働省九州厚生局の松嶋賢前局長59)が、社会福祉法人の前理事長から高級車や現金1500万円などを受け取っていた問題が発覚し,就任早々の舛添大臣の対応が注目されている.

厚生労働省は本人が辞職していることから,退職金(6000万円以上)や担当役職時の給与(年収1500万円以上)の返還を検討しているようだが,たぶん法的根拠が薄いとして,本人の自主性にまかす,という処置となるであろう.筋書きは見え見えである.

しかし,返還が無理なら,今後松嶋賢前局長に共済年金を支払わないようにする手段がある.法的根拠など必要は無い.社会保険庁が今までいくらでもやったと同じく,松嶋賢前局長の記録をどこかに無くした事にすればよいのだ.社会保険庁みんなの責任でだ.

国家公務員制度改革の必要性が強く求められている.先ずは信賞必罰をすべきである.もしやれたら,すこし社会保険庁を見直しても良い.

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のコメント

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28