無料ブログはココログ

人気blog情報

« 都知事選挙 | トップページ | 懲罰 »

2007年3月17日 (土)

ホリエモンと日興コーディアル

堀江貴文被告に2年6カ月の実刑判決が,東京地裁で言い渡された.有価証券報告書偽造の粉飾決算での判決で,実刑は異例である.

元検事などのコメンテーターは異口同音にこの判決を妥当なものと評価している.根拠は被告人があくまで無罪を主張し,反省の情が見られないからだとしている.法曹一体とはこのことであろう.

しかし,もっと規模の大きな日興コーディアルの有価証券報告書偽造に対して,一部上場廃止はなぜ行われなかったのだろう.ホリエモンが有罪なのは確かであろう.しかし,この両者に対する制裁の差はあまりに不自然である.

国家権力とそれに媚する経済界の図式が見え見えなのである.

« 都知事選挙 | トップページ | 懲罰 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30