無料ブログはココログ

人気blog情報

« 議員も辞職 | トップページ | 柳沢泊夫という人 »

2006年12月30日 (土)

死刑執行

イラクのフセイン元大統領の死刑が執行された.裁判の死刑判決が出てから3日足らずの執行については,いささか驚いた.しかし,なまじ執行を遅くすると(それでも30日以内だが)フセインを支持する勢力によるテロがいよいよ激しくなると考えたのであろう.

この裁判のことはほとんど知らないのだが,フセインは占領者による裁判は無効だと主張していたこと,死刑が執行されると他の残虐行為が解明されないことが問題となっているようだ.前者は東京裁判を彷彿させるし,後者はアメリカでの大量殺人を犯した者に対して司法取引として無期懲役にするかわりに,すべての犯罪を白状させている考えとは相反する.

翻って日本では,つい最近かなりの死刑執行がされたようだが,死刑執行は法務大臣の署名が必要で,中には在任中には署名しない人もいる.被害者の家族にとっては,一刻も早い執行を求めると思うのだが,法務大臣の裁量で延々と引き伸ばされている死刑囚は依然として多い.

今の日本の法律では死刑は極刑としてあるのだから,特別な条件でもない限りさっさと執行すべきである.死刑執行の迅速化は犯罪が増加している日本だ,凶悪犯罪の抑止力になるのは間違いない.

« 議員も辞職 | トップページ | 柳沢泊夫という人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/4734220

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行:

« 議員も辞職 | トップページ | 柳沢泊夫という人 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30