無料ブログはココログ

人気blog情報

« 死刑 | トップページ | 教育 »

2006年10月22日 (日)

薬物使用

ディープインパクトが凱旋門賞において、フランスで禁止されている成分の入った喘息用の投薬を受けていたことが判明し、問題となっている。随行した日本の獣医師が、フランスの獣医師の指示を聞き間違い、レース間際まで投薬したためと言われている。

このことが事実だとすれば、あまりにお粗末と言うか、危機管理意識の欠如と言わざるを得ない。世界中の競馬ファンが注目するレースに対して理解しがたいことである。

しかし競馬についての門外漢の私にとって、この事件は奇妙にも思える。つまり、馬にも喘息があるということは別として、気管支を拡張させるこの薬は、競争に有利に働くことが分かっているが、日本では禁止薬物ではない、ということである。

何十年に1頭と言われる栄光の馬ディープインパクトに、かなりの人が大きな影が落ちたと思うのではないか?MLBでのバリーボンズやサミーソーサの記録に対して冷ややかな視線が向けられているが、ディープインパクトもそうならないだろうか?関係者による誰もが納得のいく説明が必要である。

« 死刑 | トップページ | 教育 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/3915009

この記事へのトラックバック一覧です: 薬物使用:

« 死刑 | トップページ | 教育 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30