無料ブログはココログ

人気blog情報

« 敬老の日 | トップページ | 老醜 »

2006年9月23日 (土)

国歌・国旗

卒業式や入学式での国旗掲揚・国歌斉唱について、東京都教育委員会が都立学校長に通達を出し、指導してきたことに対し、東京地裁は違憲・違法とする判決を言い渡した。

国旗掲揚・国歌斉唱は強制するものではなく、自然自発的に行うべきものであり、教職員にあっては個人の価値観などがあって、その自由を奪うものだとしている。

これは又とんでもない判決である。公の場や教育の場で国旗掲揚・国歌斉唱するのは世界共通の当然のことである。当然とすべきことを行わないことが、日本のアイデンティティだとでも思っているのだろうか?

外国人からお前は何者だと問われたとき、日本人と答えるのであれば、国旗掲揚・国歌斉唱するのが日本人たるアイデンティティなのである。

オリンピックの表彰の時に、国旗掲揚・国歌斉唱は私には素直に喜ばしいことと思うのだが、この判決をした判事や原告人たちはそう思わないのであろう。一体あなた達は何物なのか?

« 敬老の日 | トップページ | 老醜 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国歌・国旗:

« 敬老の日 | トップページ | 老醜 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30