無料ブログはココログ

人気blog情報

« 不正輸出 | トップページ | 射殺 »

2006年8月13日 (日)

首長

滋賀県知事に新幹線の新駅開港反対の候補者が当選した。新駅を推薦する地元市長と、これを検討する会議を開催することとなっている。

ひとつの主張を公約として当選した首長は何人か思いつく。最近では脱ダムの田中信州知事や都市博覧会中止の青島元都知事などである。監督・俳優のクリント・イーストウッドも確か地元の湖埋め立てに反対し、市長となって止めさせて1期だけ勤めた。

ワンフレーズの主張は分かり易く、去年の衆議院選挙では郵政民営化を賛成か反対かだけを争点にして自民党は大勝した。その結果、訳の判らない代議士が多く誕生したのは、日本にとって本当に良いことなのだろうか?

先に挙げた田中知事は大方の予測が外れて、保守候補者に敗れ去った。敗因は草の根選挙の不確実性ともいえるし、県議会での確執が県民に不快感を与えたとも言われ、なんとなく敗れたようだ。

政治は硬直しては腐敗を招くし、かといって政権交代ばかりでは不安定であり、非効率でもある。各政党は選挙の度に公約を慌しく作っているように思えるが、いくら政党が違っていてもベーシックな所はそう変わるはずもなく(社会主義・共産主義は別だが)、例えば10有る公約のうち7つまでは同じにしてもらって、残りの3つを争点にする、といったことにしてもらうと有権者としては、分かり易く、又安心感もある。

« 不正輸出 | トップページ | 射殺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114527/3043736

この記事へのトラックバック一覧です: 首長:

« 不正輸出 | トップページ | 射殺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30