無料ブログはココログ

人気blog情報

« 国家崩壊 | トップページ | 衝動-2 »

2006年7月10日 (月)

衝動

W杯はジダンのレッドカード退場によってフランスが敗北した、と思える。PK戦になれば、最初に蹴るはずであったジダンであり、その最初の得点がPK戦を左右するからである。イギリスもベッカムが負傷退場しなければ、PK戦は分からなかった。

それにしてもジダンの頭突きはどうしたことだろう?あれほどの実力・実績のあるジダンに何があったのだろうか?魔がさしたとしか言いようが無い。

ジダンは貧困層から生まれた一代の英傑である。うちに秘めたハングリー精神というか、狂おしい情熱が英雄には必要なのだったのだろう。

英雄の最後の試合には真に残酷な結果であった。世界中のサッカーファン、とりわけ子度達への衝撃は大きかったに違いない。ジダンをMVPに選んだ各国記者は、そのことを和らげようとしたのだろう。

« 国家崩壊 | トップページ | 衝動-2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝動:

« 国家崩壊 | トップページ | 衝動-2 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30